本文へ移動
ご遺骨をお墓などに埋蔵することを意味する『納骨』。大切な人を失い、悲しみの中にある家族にとっては、気持ちを整理するための一つの区切りとなる大切な行事です。そこで、納骨する時期やポイント、手順について簡単に解説していきます。
 
 
 
 
納骨の時期について

仏教や神道、キリスト教でも納骨をこの日に行わなくてはならないという決まりはありません。お墓に納骨する気持ちの整理がついたら、ご家族と相談して日時を決めましょう。
 
 
※一般的には、四十九日や一周忌法要にあわせて納骨する方が多いようです。
 
 
墓埋法第14条により、火葬(改葬)許可証が不備の場合は納骨できませんので、必ず事前に手続きをお済ませください。
ご予約された時間5分前までにお墓へ集合してください。
※ご先祖様を供養する大切な儀式です。除雪やお掃除は家族の皆様で事前に済ませることをお勧めします。
納骨担当者がお骨を納めるお手伝いをいたします。担当者が墓石を動かし、カロートへお骨を納めます。
※お骨を大地にそのまま納骨する方法、さらしの袋で納骨する方法、骨つぼのまま納骨する方法がございます。お墓のタイプ、生まれ育った地域の慣習によっても異なりますので、納骨の方法については事前にご相談ください。
※お客様からの指定がなければ慣習に従って、大地にそのまま納骨します(納骨方法に制限がある区画はこの限りではありません)。
供物や仏花を飾り、ローソクや線香に火を灯し、僧侶の読経が始まります。
※僧侶を手配しない場合や無宗教の場合は、ご家族皆様で合掌やお祈りください。
僧侶の読経が終わったら、僧侶へお布施をお渡しください。
供物はカラスなどの動物が荒らしますので、必ずお持ち帰りください。
骨箱・骨つぼ・白木の位牌は当霊園にてお焚き上げいたします。
※白木の位牌とは一般的に本位牌を用意するまでの仮の位牌のことをいいます。
※焼却炉で対応できないものは供養の後、条例等に沿った処置を行います。
 
 
 
 
真駒内滝野霊園での魂入・納骨・墓参の読経・礼拝堂での読経など、僧侶の手配はお客様自身で行うことが原則です。
檀家寺(お付き合いのある寺院)に連絡し、直接手配していただきますようお願い申し上げます。お付き合いのある僧侶がいらっしゃらない方は、タウンページやインターネットでお調べいただくことをお勧めいたします。
原則、真駒内滝野霊園で寺院名・電話番号などをお伝えすることはできません。ご了承ください。
 
 
上記の通り、僧侶の手配はお客様自身で行うことが原則ですが、霊園で手配代行を承ることも可能です。
僧侶手配代行を利用される場合、代行料として2,200円を申し受けます。
【手配可能な宗派】
禅宗・浄土真宗(東)・浄土真宗(西)・日蓮宗・真言宗・浄土宗・神道
 
◆注意事項
※1週間前までのご予約が必要です。
※手配代行料は、当日のお参り前までに管理事務所の窓口もしくは振込にてお支払いください。
※お参り当日のキャンセルは、手配代行料ならびに僧侶のお布施をご負担いただきます。
※法要会場、礼拝堂の施設をご利用中のお客様が、僧侶手配代行をご利用される場合、代行料はサービスにて承ります。
※法名・戒名のわかるものをご持参ください。
※本位牌の作成、魂入は受付けておりません。
※お盆は霊園による僧侶の手配代行はいたしません。
※お布施は読経後に僧侶へお渡しください(金額は下記参照)。
 
 
葬儀や法事・法要の際に僧侶へ渡す供養料をお布施と言います。故人のご冥福を祈る気持ちは、なかなか金額に換算できるものではありませんが、下記に一般的な金額を一例として記載いたします。各寺院ごとに考え方がありますので直接、僧侶へご相談したり、ご親族間でよく話し合って決めることをお勧めいたします。
 
 
東京など関東地域は骨つぼのまま埋蔵するのが一般的なようですが、関西、東海地区や札幌市近郊においては、骨つぼから遺骨を出して大地に還すのが一般的です。その際に、お骨をさらしの納骨袋に移し替えて、お墓にお納めする方法があります。参考例として、さらしの納骨袋の寸法一例を記載します。さらしでの納骨を希望される場合、納骨予定日までにお客様にてご用意をお願いします。
※市販されているさらし布の幅は32cm~34cmが多いようなので、はぎ合わせする必要があります。下記の寸法よりも小さくならないようにお願いします。
※さらしの納骨袋に移し替えず、直接『大地に還す』のであれば、納骨袋の用意は必要ありません。
※納骨方法に制限がある区画(RGⅠ・Ⅱ型2号~・桜の杜Ⅱ型・さくらガーデンの有期限制度利用者)は骨つぼまたは霊園管理者が指定する納骨袋で埋蔵してください。
 
 
当霊園の売店では、さらし:1,000円 綸子(りんず):3,000円 で販売しております。

 
TOPへ戻る